600年の歴史!南大門市場のカルグクス横丁

グルメ

こんにちは、haru(@haruhobbylife)です!

今回は、ソウルで最も古い歴史がある市場で有名なグルメを紹介します。

南大市場とは

ショッピングや食べ歩きができる屋台や名物横丁など、韓国のローカルフードを楽しめます。その中でも人気の3大グルメ横丁といわれている「カルグクス横丁」、「太刀魚横丁」、「うまいもん横丁(食堂街)」があります。朝食にもランチにもピッタリで、ディープな路地には安くて美味い名店が多くあります。

カルグクス横丁

駅を出てメインストリートに向かって進むと、左側にビニールで作られた入口が現れます。とても小さくて分かりづらいので見落としてしまいそうですが、中へ入ると幅1メートルもない細い通路の両脇に10軒ほどのカルグクスの店がぎっしりと並んでいます。

ちょうどお昼時に行きましたが、このようにどこのお店もお客さんでいっぱいです。

数ある屋台のなかでも特に人気だったのが、「南海食堂」です。

人気の「南海食堂」

こちらはYouTubeや現地の国営放送局であるKBSでも放送され人気になりました。混雑していますが、回転は速いので少し待てばアジュンマがすぐに手招きしながら案内してくれます。

多くは営業時間がおおよそ朝7時から夜7時のため、朝食やランチにおすすめです。

メニューは分かりやすく写真で載せてくれています。一番人気は、01番のカルグクスです。他のお客さんはほとんどこちらのメニューを頼んでいました。

カルグクスが運ばれる前に、席に着いたらすぐセットのおかずやミニビビンバ、冷麺と味噌汁が出てきます。こんなに品数があってこのあとのカルグクス食べられるか不安でしたが、どれもちょうどいい量で完食できました。

目の前にはおかずがたくさんあり、注文を受けたらアジュンマが手際良く盛り付けてくれます。

さっぱりとしていますが、濃くがあるスープで、もちもち麺はやみつきになります。韓国海苔がスープに溶けていて、塩味が効いています。辛くないのでとても食べやすいです。

まとめ

現地の人だけではなく、多くの旅行者が訪れる人気スポットです。他にも数々の飲食店が潜んでおり、ショッピングだけでなく絶品韓国グルメからローカル屋台フードまで堪能できる魅惑のエリアとしても有名です。近くに寄った際にはぜひ訪れてみてくださいね。では。

名称:南海食堂
住所:21 Namdaemunsijang 4-gil, Jung District, Seoul, 韓国
最寄駅:地下鉄4号線 会賢(フェヒョン)駅 5番出口
営業時間:09:00〜17:30 / 定休日:日曜
地図:Google map  NEVER Map

コメント

タイトルとURLをコピーしました